無事これ名馬を目指して頑張る母

奈良歴(関西歴)まだ浅い四十路ワンオペ育児です。ホルモンの曲がり角でこんにちは。

f:id:chip55:20181213163150j:plain

はてなブログさん、他のはてなブロガーが書いたブログをキーワード検索できる機能(はてなブログ内を検索できる検索窓)がほしいです!

はてなブログのトップページから、他の方のブログをキーワード検索するための検索窓がないのって、地味に不便ではありませんか?

 

アメブロfc2ブログもヤフーブログもホームから検索できるのに、はてなブログでできないなんて……そんなわけないよね。きっとどこかにあるに違いない!

ってことで、はてなサポート窓口はてなブログ内の検索って、できないんですか?」とメールしてみました。

 

【目次】

 

はてなサポート窓口はてなブログには他のはてなブロガーが書いた記事を検索する機能はありません

はてなサポート窓口の○○と申します。
いつもはてなをご利用いただきありがとうございます。

はてなブログでは、現在のところ他者のブログを検索できるような機能は提供しておりません。
もしよろしければ、下記のページにアクセスしていただきまして、興味のあるグループを検索して他のブログをご確認いただけますと幸いです。

はてなブログ グループ】
http://hatenablog.com/g/

なお、検索機能につきましては、ユーザー様からの新機能のご要望といたしまして、はてなブログ開発チームへと申し伝えさせていただきたいと存じます。

またなにかお気づきの点、お困りの点などがございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

そうなんですね……不便でございまする……(涙

 

ちなみに、他のブログでは検索窓がどんな感じに設置されているか確認してみました。

 

アメブロ→ホームの右上に検索窓が設置されている

https://www.ameba.jp/home

f:id:chip55:20181128170540j:plain

 

fc2ブログ→トップページの左上に検索窓が設置されている

fc2.com

f:id:chip55:20181128170609j:plain

 

③ヤフーブログ→トップページの左上に検索窓が設置されている

blogs.yahoo.co.jp

f:id:chip55:20181128170632j:plain

 

 

ヘッダーの解りやすいところに検索窓があります。

はてなブログも他のはてなブロガーさんが書いた記事を探すことができて当然だと思ったんですが、はてなブログのトップページに行っても検索窓がないんです。

hatenablog.com

 

無料ブログのメリットは「人目につきやすい」ではなかったのか?

なぜ?

はてなブログも、アメブロ・fc2・ヤフー同様にマンション感覚のブログサービスだとばっかり思っていたのに。

 

ほら、ワードプレスなどで自分で作ったブログは太平洋に浮かぶ孤島みたいなものだってよく言うじゃないですか。

実際、初めの頃のアクセス数なんて自分だけっていう状態ですし、時々、ロシアやメキシコから一気にアクセスが来てびっくりするけど、それって人間じゃないヤツだし、とにかく誰の目にも触れないんですよ。

 

誰かの悩みや疑問を解決しているとか、あるテーマを深く広く調べて誠実に書いているとか、とにかくそんな感じの良い記事をたくさん書いていて、かつ、Googleに気づいてもらえるアレコレを施していないと、なかなか人の目に触れる機会を得られないわけです。孤島なので。

 

でも、アメブロfc2ブログ・ヤフーブログ・はてなブログなどは、巨大マンションの一室を賃貸しているような状態なので、回覧板を回したり、廊下で偶然すれ違ったり、うまくすればおでんをもらえたりするので、ブログを人様に見てもらえる機会にありつけます。

それが、アメブロfc2ブログ・ヤフーブログ・はてなブログのいいところだとばかり思っていたのですが、どうやら私の片思いだったみたい……

はてなブログはブログ内の文章にリンクが張られるので、それでいいじゃない?ってことなのかもしれませんが、それでは調べものがあった場合にちょっと不便なんです。

なぜなら……

要するにバーフバリが好きすぎた

はてなブロガーの方って文章を丁寧に掘り下げて書く印象があるので、ぜひ読みたかったんです。

バーフバリについてアツく書かれたブログを!

 

バーフバリ絶叫マサラ上映のこと、主演のプラバースさん、共演のラーナーさん、サントラのこと、同じマヒシュマティ王国のみなさんのバーフバリ愛、最高!


バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]

↑これだけ見ると「戦いの映画?」と思われるかもしれませんが、笑いあり・涙あり(1と2を観てからもう一度観ると号泣)・エキサイティングあり・ハラハラどきどきあり・愛憎あり・インド哲学ヒンドゥー教のアカデミックあり……喜怒哀楽すべてを体感し尽くせる映画なんです。

男が惚れる男。そして、そんな男に女が惚れないわけがないんです。


バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

私は伝説誕生(要するに1の方)のあまりにも美しい映像に圧倒されまして、その後の王の凱旋(要するに2の方) のドラマに打ちのめされ号泣し、どハマりしました。

 

……ところで、バーフバリ 伝説誕生 完全版(テルグ語)、バーフバリ 王の凱旋 完全版(テルグ語)って発売されるんでしょうか?